家族

借りやすい物件作り

空き部屋

流行りの間取りに変える

大阪は日本で第二位の大都市で、京都、神戸の近隣都市にも近く、交通機関も発達していることから人気のある場所です。その為、不動産価値が高く、居住した後に賃貸物件として提供しても、すぐに借り手を見つけることができ、安定した収入を得ることができるとして人気があります。しかし、大阪で購入した不動産物件であっても、長年居住しているうちに老朽化が進み、リフォームやメンテナンスが必要となります。便利な大阪で賃貸として借りる側としても、なるべく綺麗で不具合のない物件と契約したいというのは誰しも感じることです。そこで最近注目されているのがリノベーションという方法です。リノベーションというのは、リフォームよりも大規模な修復作業のことで、建物の骨組みなどは残し、間取りを大幅に変えることです。建物の間取りは時代に応じて流行があり、年月を得て古くさいイメージを与えてしまったり、使いづらくなってしまうものなので、リノベーションを行うことで、借り手に新鮮な印象を与えることができます。例えば、昔は台所は独立した部屋があり、その場所にダイニングテーブルを置いて食事をすることが流行しました。しかし、現在はリビングとキッチン、ダイニングは一体型となり、カウンターで仕切られる間取りが一般的となりました。また、以前はキッチンは壁に沿って配置されていましたが、今はリビングが見渡せるようにして、家族と会話しながら食事を作ることができる間取りが人気となりました。このように時代に応じて一般的となる間取りが変化する中で柔軟に対応するリノベーションを取り入れることは、今後の不動産の財産価値をあげていく上で大切なことだと言えます。大阪は子育て世代に対する補助が手厚いこともあり、新しい間取りに敏感な年齢層の人口が増加する傾向が見込まれるため、今後の家賃収入としての価値を見いだすなら、リノベーションを検討することをおすすめします。